ドラマ「陸王」で銀行員・大橋浩を演じているばーちょんこと馬場徹さんの人気が急上昇しています。

ドラマに登場した当初は冷淡な銀行員というイメージで悪役扱いを受けていた大橋でしたが、大橋なりに「こはぜ屋」のことを思って行動していることが分かると逆にメガネ男子という風貌も相まって人気が急騰しました。

今回は、この銀行員・大橋浩を演じた馬場徹さんについてご紹介します。




【先着特典】陸王 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX(ポストカードセット付き)

陸王|銀行員・大橋浩役どころは?

今回、馬場徹さんがドラマ「陸王」で演じているのは、こはぜ屋のメインバンクである「埼玉中央銀行 行田支店」の企業融資担当という銀行員の役です。

もともとは、風間俊介さん演じる坂本太郎が「こはぜ屋」の融資担当でしたが、坂本が前橋支店へ転勤したことで上司の大橋が「こはぜ屋」の融資担当になりました。

当初は銀行員として、「こはぜ屋」の新規事業である「陸王」の開発はリスクが高いため認められないというスタンスで支店長・家長(桂雀々)とともに、こはぜ屋の敵として描かれ視聴者からも「あの銀行員ムカつく!」というような声が多くありました。

しかし、「こはぜ屋」で働く人たちのひたむきな姿に心打たれ、徐々に「陸王」の開発を応援するようになります。

ピンク
陸王のアッパー素材がなかなか見つけられなかった「こはぜ屋」にタチバナラッセルを紹介したのも大橋さんでしたね♪

最初は嫌いだったけど、今ではクールでメガネが似合うカッコイイ銀行員ていうイメージですね!


スポンサーリンク

陸王|銀行員・大橋浩役の馬場徹とは?

そんな馬場徹さんのプロフィールがこちらです。

プロフィール

名前  :馬場 徹
愛称  :ばーちょん
生年月日:1988年6月17日
出身地 :東京

馬場さんのお兄さんは元Jリーガーの馬場憂太さんで、本人も幼いころはサッカーをしていましたが怪我のために断念し俳優を目指すことになりました。

小学生の頃から芸能界入りした馬場さんですが、本格的に世間の人に知られるようになったのが初の舞台出演となったミュージカル「テニスの王子様」でした。

ピンク
この「テニスの王子様」には、柳生比呂士役で2006年~2010年まで出演していました。


その後も舞台を中心に活躍を続けた馬場さんは、劇作家・つかこうへいさんの門を叩き舞台俳優としてさらなる飛躍を果たします。 


そして、2014年には「陸王」と同じく池井戸潤原作のTBS日曜劇場「ルーズヴェルト・ゲーム」で、地上波連続ドラマに初出演しました。その後は舞台・ドラマなど多数の作品に出演し「陸王」出演にいたっています。

ピンク
今回の「陸王」では、クールなメガネ男子を見事に演じていた馬場さん。確かな演技力を武器に今後も舞台やドラマ・映画など様々なメディアで活躍してくれそうですね♪

これからも馬場徹さんの活躍から目が離せません!


■関連記事
美咲役はビズリーチでおなじみの吉谷彩子!
緒方敦が山崎賢人の同級生役で俳優デビュー!
安田役に抜擢!内村遥はブレイクなるか
村野役は歌舞伎役者の市川右團次
ナレーションは元フジの八木亜希子アナ


スポンサーリンク