ピンク
いよいよフジテレビの月9ドラマ、「民衆の敵」の最終回(第10話)が放送されました。

この最終回では、犬崎派の工作によって窮地に陥った智子(篠原涼子)がどう挽回するのか、そして誠(高橋一生)は本当に味方なのか、あるいは敵なのか?どんな結末を迎えるのか注目ですね!

今回は最終回(第10話)のあらすじと感想、見逃してしまった人のために動画配信情報を合わせてご紹介します。


民衆の敵|最終回(10話)のあらすじは?

ピンク
それではさっそく、ドラマ「民衆の敵」最終回のあらすじを紹介します。

智子(篠原涼子)は支持者だった市民から「民衆の敵だ」と激しくなじられ、肩を落とす。

そんな智子に和美(石田ゆり子)が、ニューポート計画の黒幕は誠(高橋一生)の実家である藤堂家ではないかと話す。

さらに、河原田(余貴美子)が市長になり、ニューポート計画が白紙になった時に現れた誠への不信感を口にする。

しかし、智子は誠が敵だとは思えない。

そこで、河原田の汚職事件と自分の不正献金を仕組んだ富田(渡辺いっけい)に証言させて、冤罪(えんざい)を晴らそうと意気込む。


引用元:Yahoo!JAPAN

ピンク
犬崎派の工作によって「民衆の敵」になってしまった智子(篠原涼子)が、どのようにこの窮地を乗り切ろうとするのか興味深いですね。

そして、誠(高橋一生)をはじめとする同期の議員たちや和美(石田ゆり子)の力を借りて「民衆の味方」になれるのか、最後まで目が話せませんね!


レッド
でも、和美は誠のことを信用していないみたいだな。

誠がどんな動きを見せるのか、そして莉子ちゃん(今田美桜)はまた出てくるのかも気になるな!

民衆の敵|最終回(10話)のFOD動画配信情報

ドラマ「民衆の敵」はFODプレミアムで配信中です。(※2017年12月25日現在)

FODプレミアムは、月額888円(税抜)でフジテレビで放送されたものを中心にドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組など、多くの作品が見放題対象になっている動画配信サービスです。


▼FODはこちら
FODプレミアム


※紹介作品の配信情報は2017年12月25日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはFODプレミアムでご確認ください。

民衆の敵|最終回(10話)の感想は?

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。


ピンク
最後に、ドラマ「民衆の敵」最終回の放送を見たみなさんの感想をご紹介します。


藤堂誠(高橋一生)


ピンク
今回も藤堂誠(高橋一生)のシーンが多くて良かったですね。

犬崎も簡単に失脚するし、藤堂家もそんなに絡んでこないしで拍子抜けのところはありましたが、誠がたくさん出てきたので良しとしましょう♪


レッド
莉子ちゃんとの「わたなべさん」シーンが無かったのは残念だったな。

智子vs誠


ピンク
ついに智子と誠の主張が激突しましたね。

どちらも正しいということで、結局、結論は出ませんでしたが・・・

最初からこういう議論が出てくるようなドラマだったら良かったのにという意見も多かったですね。

民衆の敵


ピンク
最後は「無関心が民衆の敵」ということで、市民に政治への興味をもってもらうために市民の議会を開きました。

市民ひとりひとりが政治に関心を持って参加していく意識は必要でしょうね。

レッド
無関心が民衆の敵というのは的を得てるように思うので、これをきっかけに政治に関心を持つ人が増えるといいな!


■関連記事
1話に桐谷美玲と成田凌がゲスト出演
2話のゲストは水川あさみ 次はブルゾンちえみ?
3話キャストにひよっこの渋谷謙人!
4話に宇野実彩子がウェイトレス役でついに登場!
5話のあらすじと感想 動画配信情報も
6話のあらすじと感想 動画配信情報も
7話のあらすじと感想 動画配信情報も
8話のあらすじと感想 動画配信情報も
9話のあらすじと感想 動画配信情報も