2018年1月7日(日)に日本テレビ系列で放送が開始される、ドメキスこと「トドメの接吻」のキャスト紹介です。

今回は、並樹乗馬倶楽部の部員・布袋道成を演じる宮沢氷魚さんについてご紹介したいと思います。


トドメの接吻(ドメキス)キャスト|布袋道成(宮沢氷魚)

布袋道成

宮沢氷魚さん演じる布袋道成は、並樹グループの御曹司・並樹尊氏(新田真剣佑)が部長を務める「並樹乗馬倶楽部」の部員で、布袋もセレブという役柄です。

突如として彼らの前に現われ、乗馬倶楽部の秩序を乱す主人公の堂島旺太郎(山崎賢人)に対して激しい敵対心を燃やすします。


ピンク
2017年10月からTBSで放送されたドラマ「コウノドリ」で、俳優としてドラマ初出演を果たしたばかりの宮沢氷魚さん。

今回「トドメの接吻」ではどのような演技を見せてくれるのか、注目が集まりますね!



スポンサーリンク

宮沢氷魚(みやざわ ひお)

続いては、トドメの接吻で布袋道成を演じる宮沢氷魚さんについて紹介したいと思います。

プロフィール

名前  :宮沢氷魚(みやざわ ひお)
生年月日:1994年4月24日
身長  :184cm
出身  :カリフォルニア州(アメリカ)
趣味  :野球、釣り
特技  :陸上、クロスカントリー、サッカー

引用元:公式プロフィール

宮沢氷魚の父は元THE BOOMの宮沢和史

宮沢氷魚さんは、父親が島唄で有名な元THE BOOMの宮沢和史さん、母親がタレントの光岡ディオンさんという芸能一家で育ち、自らは2015年から MEN’S NON-NO の専属モデルとして活動をしていました。

2017年10月~12月にTBSで放送された「コウノドリ」の第2シーズンで俳優デビューするとまたたく間に話題となり、「トドメの接吻」で2クール連続ドラマ出演を果たすことになりました。

ピンク
顔がどことなく宮沢和史さんに似ていますよね。

コウノドリでのドラマ出演で話題になりましたが、このドメキスでもどんな演技を見せてくれるのか注目ですね!

宮沢氷魚さんの出演作品

ピンク
最後に宮沢氷魚さんが過去に出演した話題作を紹介したいと思います!

ドラマ|コウノドリ



ピンク
宮沢氷魚さんの俳優デビューが「コウノドリ」で、2作目が「トドメの接吻」ですので、紹介できるのは「コウノドリ」だけですね(笑)

このコウノドリでは初期研修医の赤西吾郎役で、いわゆる「ゆとり」の研修医という役柄を見事に演じきりました。

今回は上流社会に生きるセレブという役柄ですが、並樹グループの御曹司・並樹尊氏(新田真剣佑)への忠誠心から、旺太郎に強く反発するという役どころをどう演じるのか楽しみですね♪


■関連記事
副部長・長谷部役で佐野勇斗が出演
元AKB48山本亜衣が小柳奈々子役で出演
唐田えりかが青田真凛役で出演
堀田茜が新木優子の友人・森菜緒役で出演
菅田将暉が主題歌「さよならエレジー」を歌う
志尊淳が山崎賢人の後輩ホスト・カズマ役で出演


スポンサーリンク