フジテレビの月9ドラマ「海月姫」の第1話が放送されました。

今回は、ドラマ「海月姫」第1話のあらすじと感想、動画配信情報をご紹介します。

ピンク
東村アキコさんの人気マンガが原作ということで期待を集めていた、ドラマ「海月姫」がいよいよ放送されましたね。

これまで映画化やアニメ化はされていたものの、実写ドラマ化は初めてということで、どんなドラマになるのか楽しみです!


海月姫|1話のあらすじは?

ピンク
それではさっそく、ドラマ「海月姫」第1話のあらすじを紹介します。


イラストレーターを夢見て鹿児島から上京した20歳の月海(芳根京子)は、クラゲをこよなく愛する‘オタク女子’。

好きな分野が異なるオタク仲間たちと男子禁制のレトロな共同住宅「天水館」で暮らしながら、マニアックな青春を満喫していた。

ある日、月海はひょんなことからおしゃれな女装男子・蔵之介(瀬戸康史)と知り合う。

蔵之介の父・慶一郎(北大路欣也)は政治家で、兄弟もその秘書を務めるエリート・修(工藤阿須加)だった。

引用元:Yahoo!JAPAN

ピンク
海月姫は2010年にフジテレビでアニメ化されたり、2014年には能年玲奈さん主演で実写映画化もされた東村アキコさんの人気マンガです。

その海月姫が今回はいよいよ実写ドラマ化され、しかも月9での放送ということで注目が集まっていますよね。

NHKの朝ドラヒロインを演じるなど、着実にドラマ出演を増やしている芳根京子さん、女装男子役の瀬戸康史さん、エリート童貞役の工藤阿須加さんなどの出演者がどんなドラマを見せてくれるのか楽しみですね♪

レッド
映画版では菅田将暉さんが演じて話題になった、女装男子の鯉淵蔵之介を瀬戸康史さんが演じるのも注目だな!



海月姫|1話のキャスト

ここでは、ドラマ「海月姫」第1話で登場した主要な登場人物のキャストについて紹介します。

クラゲオタク・倉下月海
芳根京子

女装美男子・鯉淵蔵之介
瀬戸康史

エリート童貞・鯉淵修
工藤阿須加

月海の母親・倉下深雪
小雪

蔵之介と修の父親・鯉渕慶一郎
北大路欣也

鯉渕家の運転手・花森よしお
要潤

枯れ専・ジジ様
木南晴夏

鉄道オタク・ばんば
松井玲奈

三国志オタク・まやや
内田理央

和物オタク・千絵子
富山えり子

デベロッパー・稲荷翔子
泉里香

翔子の上司・佐々木公平
安井順平

蔵之介の後輩・桐山琴音
最上もが

海月姫|1話の動画配信

ドラマ「海月姫」第1話はFODプレミアムで配信中です。(※2018年1月15日現在)

FODプレミアムは、月額888円(税抜)でフジテレビで放送されたものを中心にドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組など、多くの作品が見放題対象になっている動画配信サービスです。


▼FOD(海月姫)はこちら
FOD(海月姫)


※紹介作品の配信情報は2018年1月15日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはFODプレミアムでご確認ください。

海月姫|ドラマ1話の感想は?

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。


ピンク
最後に、ドラマ「海月姫」第1話の放送を見たみなさんの感想をご紹介します。

瀬戸康史の女装


ピンク
放送開始前から話題になっていましたが、瀬戸康史さん演じる鯉淵蔵之介の女装姿はやっぱり可愛かったですね。

映画版の菅田将暉さんもカワイイと話題になりましたが、やっぱりイケメンの人はどんな格好をしても美しいんですね♪

次回以降も瀬戸康史さんの蔵子から目が離せません!

原作との違い


ピンク
序盤は東村アキコさんの原作マンガどおり進んでいましたが、工藤阿須加さん演じる鯉渕修が蔵之介との弟として登場して原作ファンからは、何で・・・?という声が上がっていました。

キャストありきで、工藤阿須加さんの年齢的に弟にしたのではという憶測が多かったようですね。

それから、番組のスポンサーがトヨタということで、要潤さん演じる花森のベンツもレクセスへと変わっていました。

マンガや小説を実写のドラマや映画化する際には付いて回る問題ですが、こういった変更が気にならないぐらい面白いドラマを期待したいですね!

尼~ず


ピンク
海月姫といえば、キャラが濃いオタク女子たちの「尼~ず」ですね!

今回のドラマ版でもそれぞれの役者さんがはっちゃけた演技を見せてくれていますし、内田理央さんと松井玲奈さんはほぼ誰だかわからない状態・・・(笑)

なんだかんだ言っても、この「尼~ず」の掛け合いが面白いところだと思いますので、次回以降も「尼~ず」の活躍に期待したいです♪

海月姫|ドラマ2話の予告

ピンク
第2話ではデベロッパーの稲荷翔子(泉里香)が、天水館の土地を手に入れるためにやってくるようですね。

立ち退きの危機に瀕した「尼~ず」は天水館を守ることができるのか?!

そして、月海(芳根京子)の恋はどんな風に展開していくのか・・・気になりますね♪「


■関連記事
2018年冬ドラマ期待度ランキング
2018年冬ドラマ主題歌一覧


スポンサーリンク