フジテレビの月9ドラマ「海月姫」の第2話が放送されました。

今回は、ドラマ「海月姫」第2話のあらすじと感想、動画配信情報をご紹介します。

ピンク

ドラマ「海月姫」の第1話では、女装美男子・鯉淵蔵之介を演じた瀬戸康史さんの可愛さや、月海(芳根京子)と同じく「天水館」で暮らすオタク女子「尼〜ず」のはっちゃけた演技が話題になっていましたよね。

この第2話ではどんな展開になるのか、さらに注目ですね!


海月姫|2話のあらすじ

ピンク
それではさっそく、ドラマ「海月姫」第2話のあらすじを紹介します。


修(工藤阿須加)のことが気になる月海(芳根京子)は、漫画のペン入れのアルバイト中も上の空。

そんな中、天水館の水道管が破裂し、修理代20万円が必要になる。

だが、実家からの仕送りに頼る月海たちに金はなく、遊びに来ていた蔵之介(瀬戸康史)はフリーマーケットや月海デザインの縫いぐるみ製作で金を稼がせる。

その一方、修から天水館の周辺を取り壊す再開発計画を聞いた蔵之介は、計画を阻止してくるよう月海たちに促す。

引用元:Yahoo!JAPAN

ピンク
第1話で鯉淵修(工藤阿須加)に恋心を抱き、バックハグをされて舞い上がってしまった月海(芳根京子)ですが、第2話ではどんな展開になるんでしょうかね。

蔵之介(瀬戸康史)も月海のことが気になるみたいだし、鯉淵兄弟と月海の三角関係がどう進展していくのか、今回も注目ですね!

それから、月海たちが住む「天水館」には再開発の魔の手が伸びてきて立ち退きの危機?!

デベロッパーの稲荷翔子(泉里香)と尼〜ずのやり取りも面白そうですね♪

レッド
蔵之介が女装した蔵子の可愛さにも注目だな!



海月姫|2話の動画配信

ドラマ「海月姫」第2話はFODプレミアムで配信中です。(※2018年1月22日現在)

FODプレミアムは、月額888円(税抜)でフジテレビで放送されたものを中心にドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組など、多くの作品が見放題対象になっている動画配信サービスです。


▼FOD(海月姫)はこちら
FOD(海月姫)


※紹介作品の配信情報は2018年1月22日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはFODプレミアムでご確認ください。

海月姫|ドラマ2話の感想は?

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。


ピンク
最後に、ドラマ「海月姫」第2話の放送を見たみなさんの感想をご紹介します。

尼〜ず


ピンク
今回もまやや役の内田理央さんとばんばさん役の松井玲奈さんの弾けっぷりが面白いという感想が多かったですね!

今回は最初から最後までわちゃわちゃしてましたね(笑)

そして、やっぱり主演の芳根京子さんがカワイイという声が多かったです。

尼〜ずのビフォーアフターもありましたが、今後も彼女たちに注目ですね!

蔵子(瀬戸康史)


ピンク
今週も可愛かったですね!

というか、髪型のせいか見慣れたせいか、先週よりもさらにキレイだった気が・・・。

しかも、天水館のみんなを引っ張っていく男らしさもみせて、カッコよかったですね!

稲荷翔子(泉里香)


ピンク
今回は土地の買収を目論むデベロッパーの稲荷翔子が本格的に登場してきましたね。

天水館の立ち退きを迫る稲荷翔子と尼~ずの対立を描いているんですが、尼~ずの方も結構失礼な感じなので翔子の悪役感があまり際立ってない感じが・・・(^^;)

今後の稲荷翔子と尼~ずとのバトルがどうなるのか、楽しみですね♪

海月姫|ドラマ3話の予告

ピンク
第3話では月海と修が再びデートをするようですが、どうなるのか楽しみですね♪

稲荷翔子の邪魔が入りそうな感じですし、蔵之介も月海のことが気になってるし・・・恋の三角?四角?関係に注目です!

そして、2話のラストで出てきたクラゲのドレスの話も進展していくの目が離せませんね♪


■関連記事
1話のあらすじと感想 動画配信情報
2018年冬ドラマ期待度ランキング
2018年冬ドラマ主題歌一覧


スポンサーリンク