フジテレビの月9ドラマ「海月姫」の第9話が放送されました。

今回は、ドラマ「海月姫」第9話のあらすじと感想、FODでの動画配信情報をご紹介します。

ピンク
第8話では天水館を救うことを条件にカイ・フィッシュ(賀来賢人)のもとに行くことを決めた月海(芳根京子)ですが、今回はどんな展開になるんでしょうかね。

月海を取り戻そうとする蔵之介(瀬戸康史)と修(工藤阿須加)の鯉淵兄弟は、月海を見つけ出すことができるのか・・・今回も目が離せない展開になりそうです!


海月姫|9話のあらすじ

ピンク
それではさっそく、ドラマ「海月姫」第9話のあらすじを紹介します。


天水館を守るためカイ(賀来賢人)の元へ行った月海(芳根京子)。

蔵之介(瀬戸康史)と修(工藤阿須加)が居場所を捜し始める中、ジジ(木南晴夏)は天水館からいずれ出て行かなければならないのなら一人一人が自立すべきだと言い、‘尼~ず’の面々は働くことを決意する。

一方、蔵之介はカイの会社のモデルオーディションに参加。

カイの滞在するホテルを突き止めるが、そんな蔵之介の前にカイの部下・ファヨン(伊藤ゆみ)が現れる。

引用元:Yahoo!JAPAN

ピンク
前回の第8話では天水館を救うために、自ら尼~ずや蔵之介(瀬戸康史)のもとを去ってカイ・フィッシュ(賀来賢人)のもとへ行くことを決断した月海(芳根京子)。

蔵之介や修(工藤阿須加)は月海の行方を必死に探すようですが、久しぶりに花森さん(要潤)の相棒・杉もっちゃん(浜野謙太)も登場するみたいなので、今回も笑わせてくれそうですね!

そして、一方で尼~ずの面々は、月海が戻ってくれば天水館を出て自立しなければならなくなるので、それぞれが仕事を探すことに・・・こちらも波乱がありそうですし、今回もどんな展開になるのか楽しみです♪



海月姫|9話の動画配信

ドラマ「海月姫」第9話はFODプレミアムで配信中です。(※2018年3月12日現在)

FODプレミアムは、月額888円(税抜)でフジテレビで放送されたものを中心にドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組など、多くの作品が見放題対象になっている動画配信サービスです。


▼FOD(海月姫)はこちら
FOD(海月姫)


※紹介作品の配信情報は2018年3月12日時点のものです。配信が終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、現在の配信状況についてはFODプレミアムでご確認ください。

海月姫|ドラマ9話の感想は?

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。


ピンク
最後に、ドラマ「海月姫」第9話の放送を見たみなさんの感想をご紹介します。

尼~ず


ピンク
今回は尼~ずのみんなが月海(芳根京子)のために頑張っていましたね!

月海を取り戻したいけど、そうなると天水館から出ていかないといけなくなる・・・ということで、月海が安心して戻ってこれるようにそれぞれが自立しようと働きはじめた尼~ず。

最初はなかなかうまくいかない感じでしたが、それでもめげずに自分の殻を破って仕事をしている姿も様になってきていました!

そして、みんなで力を合わせて月海を連れ戻ってからは、久々のすき焼きパーティー♪

尼~ずのみんなが働いたお金で開催されたすき焼きパーティーは、感動的でしたね!

月海を連れ戻せ!


ピンク
月海を連れ戻すために蔵之介(瀬戸康史)や尼~ずの面々は、月海がパスポートを受け取るところを見張ることにしました。

色々な組み合わせで張り込みをする蔵之介たちでしたが、なかでも一番人気はやっぱり花森さん(要潤)&ばんばさん(松井玲奈)のコンビでしたね!

しかし、花森さんが偽物の月海に騙されてしまい、パスポート作戦は失敗に終わってしまいました。。。

急いで空港に向かう蔵之介でしたが、飛行機の出発には間に合わず・・・と思ったら月海はまだ空港に?!

カイ・フィッシュ(賀来賢人)の秘書・ファヨン(伊藤ゆみ)が月海を飛行機から下ろしていて、シンガポールには向かっていなかったんですね!

三角関係


ピンク
空港で月海と再会した蔵之介と修(工藤阿須加)。蔵之介が月海に歩み寄ろうとした瞬間、月海を抱きしめたのは修!

たしかに月海と付き合っているのは修ですもんね・・・蔵之介の切ない表情が印象的でしたね。。。

そして、天水館での尼~ずと鯉淵兄弟のパーティーが終了した後、修がまたもタイミングを考えずに突っ走る!

修はイタリアで手に入れたクラゲの指輪で月海にプロポーズ!!!混乱に陥る月海と、またなんとも言えない表情を浮かべる蔵之介・・・蔵之介と修、月海三角関係がどんな結末を迎えるのか、最終回も目が離せませんね♪

海月姫|ドラマ最終回(10話)の予告

ピンク
ドラマ「海月姫」もいよいよ次回が最終回です!

カイ・フィッシュ(賀来賢人)のもとを去った月海(芳根京子)ですが、それは天水館からの別れることでもありました。

天水館から立ち去った尼~ずたちはどうなるのか、そして月海と蔵之介(瀬戸康史)・修(工藤阿須加)の鯉淵兄弟との三角関係がどうなるのか最終回も見どころ満載で楽しみですね♪


■関連記事
1話のあらすじと感想 動画配信情報
2話のあらすじと感想 動画配信情報
3話のあらすじと感想 動画配信情報
4話のあらすじと感想 動画配信情報
5話のあらすじと感想 動画配信情報
6話のあらすじと感想 動画配信情報
7話のあらすじと感想 動画配信情報
8話のあらすじと感想 動画配信情報


スポンサーリンク