ドラマ「ブラックリベンジ」の最終回(第10話)が放送されました。

いよいよ最終回を迎えたブラックリベンジ、すべての復讐の発端となった出来事がついに明かされます。

今回は気になる最終回(第10話)のをご紹介します。


ピンク
ブラックリベンジもいよいよ今回が最終回です。

果たして、沙織(木村多江)と朱里(鈴木砂羽)の間に25年前、何があったのか・・・そして、いったいどんな結末を迎えるのか楽しみですね!


ブラックリベンジ|最終回(10話)話のあらすじ


朱里(鈴木砂羽)は、綾子(中村映里子)の息子・悠斗(佐藤令旺)を人質にして沙織(木村多江)をおびき寄せる。

一方、沙織は朱里からのメッセージに書かれていた25年前のことに心当たりがない。

検索すると、25年前に中学校の同級生が自殺した記事が見つかる。

沙織が廃校になった母校に駆け付けると、朱里が待ち構えていた。

警察に捕まった高槻(堀井新太)は、朱里のクリニックで遺体が見つかったと聞き、沙織の身を案じる。

引用元:YahooJAPAN


ピンク
前回の第9話では、最終回を前に衝撃的な展開が続きました。

25年前に起きた同級生の事件に沙織(木村多江)がどう関係しているのか、朱里(鈴木砂羽)の真の目的は何なのか・・・すべての謎が明らかになると思いますので、今回もどんな展開が待っているのかドキドキですね。

最後まで目が離せません!

レッド
編集長・福島(佐藤二朗)や妹・綾子がいなくなり、高槻(堀井新太)も警察に捕まってしまうという展開で、いよいよ沙織と朱里の最後の闘いが幕を開けたな。

ここまでくると誰も幸せになれない感じがするけど、いったいどんな結末が待っているのか、展開が読めないだけに楽しみだ!



スポンサーリンク

ブラックリベンジ|最終回(第10話)の感想

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。

ピンク
それでは、最後に「ブラックリベンジ」の最終回(第10話)を見た視聴者のみなさんの感想をご紹介します。

感想

ピンク
全10話を見終えたみなさんの感想です。

前回までの流れでハッピーエンドにはならないということは想像ついていましたが、それでもやっぱり救いがあって欲しいと思って見ていた人も多かったみたいですね。


ピンク
朱里(鈴木砂羽)の動機が少し弱いんじゃないかという意見もありましたが、その人が味わった苦痛はその人にしか分からないですからね。

どこかで自分も誰かに恨まれているかもと考えると怖いですね・・・


レッド
しかも、20年も経ってから復讐するんだからすごい執念だよな。

ドラマ序盤のスカっと系の復讐から、終盤に向けてのホラーとも言うべきドロドロの復讐劇という展開に引き込まれてしまった人も多かったし、最後まで引き込まれてしまったな。


ピンク
復讐の連鎖を断ち切ろうとこの世を去ることも許されず、朱里の復讐によって生まれた悠斗によって生かされていく・・・

沙織(木村多江)にとっては辛い展開ですが、せめて悠斗の存在が沙織にとっての希望になって欲しいと思います。

編集長・福島(佐藤二朗)

ピンク
最終回の最大の衝撃は週間星流の元編集長・福島(佐藤二朗)が生きていたことですね!

ドラマの最後でまさかの再登場とは・・・

ピンク
あんなゲスな編集長でも生きていて良かったと思えるような、切ない最終回でしたね。

レッド
福島がゲス編集長になったきっかけも朱里の復讐だったからな。

沙織への復讐が多くの人を炎上させ、人生を狂わせてしまった・・・


ピンク
それから、この最終回では、松任谷由実さんの「真夏の夜の夢」が挿入曲として使われていました。

このドラマが好きで、自身のオールナイトニッポンGOLDに木村多江さんを呼んだりしていた松任谷由実さんですが、そのユーミンの曲が最終回に流されたのもサプライズでしたね!


スポンサーリンク

ラストメッセージ


■関連記事
2話のキャストさゆみ役は?
3話のキャストは?
4話のキャスト柏原の役者は?
5話のキャスト刑事役はあの人!
6話のキャスト妹・綾子役の女優は?
7話のあらすじと感想
8話のあらすじと感想
9話のあらすじと感想


スポンサーリンク