日本テレビのドラマ「卒業バカメンタリー」の第6話が放送されました。

今回は、卒業バカメンタリー第6話「バレンタインで卒業?」のあらすじと感想をご紹介します。

ピンク
今回はバレンタインデーの話ということで、バカメンたちがそれぞれチョコをもらうようですが、なかでもガク(藤井流星)はマジ告白されてついに卒業?!

今回もどんな展開になるのか楽しみですね♪


卒業バカメンタリー|6話のあらすじ

ピンク
それではさっそく、ドラマ「卒業バカメンタリー」第6話のあらすじを紹介します。


バレンタインデー、マオ(濱田崇裕)とコウキ(前田航基)らは思いがけない相手からチョコレートをもらう。

そんな中、ガク(藤井流星)も女性に呼び出され…。

引用元:Yahoo!JAPAN

ピンク
前回はジュン(吉田靖直)が卒業間近にまで迫りましたがが、いまだに誰も卒業できていないガクマオコウキジュン。

今回はガク(藤井流星)がマジ告白されて、ついに彼女ができるのか楽しみですね。

そして、マオコウキジュンがもらったチョコレートはいったい・・・すべてドッキリなんでしょうか?!

レッド
なんだかんだ言って、ガクは結構モテてるよな。

今回もガクの告白現場に付いていきそうなマオコウキジュンの行動や、毎回いい味出してるタムラさんのシーンも注目だな!


スポンサーリンク

卒業バカメンタリー|6話の感想

ネタバレを含みますので、まだドラマを見ていない方は注意してください。


ピンク
最後に、ドラマ「卒業バカメンタリー」第6話の放送を見たみなさんの感想をご紹介します。


ガク(藤井竜星)


ピンク
今回は「バレンタインで卒業?」ということで、バレンタインのチョコでドッキリを仕掛け合うという展開でしたが、ガク(藤井流星)にはドッキリを仕掛けていないマオコウキジュンは、ガクがチョコをもらって盛り上がってましたが・・・なんと、これはガクが仕込んだドッキリという衝撃の展開でした(笑)

これまでクレイジーさではマオ(濱田崇裕)の方が一歩も二歩もリードしていましたが、今回のガクはかなりクレイジーでしたね!

結局、彼女はできなかったガクですが、イケメンであの行動力があれば簡単に彼女できそうですよね♪

伏線


ピンク
ガクのドッキリに協力してチョコを渡した女性は、第3話の「スノボツアーで卒業?」にチラッと映り込んでいた密着の女性スタッフという落ちでした(笑)

密着ドキュメンタリーのスタッフまでドッキリに利用するガクは、本当にクレイジーですね!

そして、サラッと女性スタッフを褒めるジュンも相変わらずスゴイです♪



スポンサーリンク

カワイイ


ピンク
ガクの謎のクレイジードッキリに呆然としていたマオコウキジュン、騙されたマオは怒っているのかと思いきや・・・めっちゃ喜んでましたね(笑)

最終的にはバレンタインデーを最高に楽しんだ!と喜ぶ4人が、ほほえましくて可愛かったですね♪

今回も卒業はなりませんでしたが、バレンタインにはしゃぐ姿が可愛くて今回も面白かったです!

卒業バカメンタリー|7話の予告


ピンク
次回は「スナックで卒業?」ということで、スナックのママと知り合ったガクたち。

熟女のフェロモンに翻弄されるガクマオコウキジュンの4人ですが、果たしてスナックのママで卒業することになるのか・・・次回も楽しみですね♪


■関連記事
1話のあらすじと感想
2話のあらすじと感想
3話のあらすじと感想
4話のあらすじと感想
5話のあらすじと感想
冬ドラマ主題歌一覧